『伊太利亜の紳士、永遠に。』

Posted by sayaca on 30 March, 2017
Category ブログ




モルトマニアの方ならば少なからずともショック!なお話しです(>_<)

当店でも、ボトラーズウイスキーとして以前からご紹介する機会も何度かあった、イタリアのカルト的と言われるブランド「サマローリ」の創設者、シルヴァーノ・サマローリ氏が先月、お亡くなりになったとの情報が入りました。
”サマローリ”は数年前に後継者を立て、シルヴァーノさんは引退されたお話もありましたが、この数か月前、新たにご自身のブランドを立ち上げ、素敵なウイスキーを発売されたばかりの矢先の事でした。

先鋭的でモダンなそのボトリングのほとんどは入手が難しかったり高価な為お店では売りずらいと諦める事も多かったサマローリのウイスキー。
しかしそのウイスキーは素晴らしく美味しく魅力的で、世界中にいるファンの中のちっぽけな一人の私も魅了され続けている、そのブランド、イタリアで初めてのインデペンデントボトラーを築き上げたイタリアの紳士・シルヴァーノ・サマローリ氏のご冥福を心からお祈り申し上げます・・・!



今週のおすすめ・ウイスキー、明日更新します!
~ジャパニーズ&グレーンウイスキー特集~

明日からのこちらのラインナップ。ご興味ある方はご覧くださいませ(^^♪


◇長濱蒸留所・ニューメイク(新入荷)
・・・滋賀県、琵琶湖を有する城下町長浜にて100年後に喜ばれるウイスキーを目指し2016年11月に稼働をスタートさせた、日本最少の長濱蒸留所の蒸留したてのモルトウイスキーの原型”ニューメイク”(原酒)。

◇駒ヶ岳・小彼岸桜
・・・長野県・高遠城址公園に群生する小彼岸桜をテーマとし、2013年蒸留の原酒と20年以上熟成の古酒を調和させた信州の自然シリーズ。

◇駒ヶ岳・津貫エイジング
・・・信州駒ヶ岳マルス蒸留所で蒸留された原酒を鹿児島の津貫蒸留所にて3年熟成。

◇イチローズ・モルト・ミズナラウッド・リザーヴ
・・・羽生蒸留所の原酒をベースに作られたブレンデッド・モルト。ミズナラ樽で熟成。

◇イチローズ・モルト・ダブル・ディスティラリーズ
・・・羽生蒸留所と秩父蒸留所の原酒をブレンド。複雑で絶妙なハーモニー。

◇カンバス・1991・24年/signatory
・・・1993年に閉鎖され幻となったカンバス蒸留所のシングル・グレーンウイスキー。

◇カンバス・27年/G8.7SMWS
・・・ソサエティのボトリングです。テイスティングタイトルは「カリブ風バナナフリッター」。ソーテルヌ・カスクにて最後の2年余り熟成

◇ニッカ・カフェグレーン
・・・仙台の宮城峡蒸留所にある、世界でも希少なカフェ式連続蒸溜機で造られたグレーンウイスキー。


また、週末限定、ボトラーズモルト3銘柄の飲み比べもご用意しています。こちらはとてもお得なセットですのでお一人様1セットとなりますが、良かったらお試しくださいませ・・・(^^♪
 



「ヴィクトリアン・ヴァット・ジンについて・・・・」



GIN-jOINTSではジン・トニックのベースに使っている”ヴィクトリアン・ヴァット”というジンがあります。
19世紀ビクトリア朝の当時、ジンは樽に詰められ船で世界中に運ばれていました。この商品も樽で熟成されるため、淡い琥珀色がついています。また、ジンの香味づけに欠かせない、ジュニパーベリー(杜松の実)が通常のジンの2倍使われているロンドン・ドライ・ジンで、このジンで作るジン・トニックは本場のジン・トニックの味になると言われているほど、香り高くビターで美味しいジンです。(勿論好みはありますよ・・・・(^^;)

このジンが年に1度発売する、「ヴィクトリアン・ヴァット・シングルカスク」という限定ジンを入荷しました(^^)/


シングルカスクというのは、モルトに詳しい方はご存知かと思いますが、通常ウイスキーなどは熟成させた樽を選んでいくつかの樽の原酒をヴァッティング(混ぜる)して瓶詰するのですが、シングルカスクは1つの樽のみから取り出した原酒をそのまま加水せず(アルコール度調整せず)に瓶詰したものです。
多々ある樽の中から厳選して選ばれた一樽のウイスキーという事なのですが、ヴィクトリアン・ヴァットは正真正銘のジン。そのジンのシングルカスクというのは非常に珍しいものなのであります。

最近は超小規模生産の、「クラフトジン」なども多く日本に入ってきているので、そういったジンの中には”シングルカスク”で瓶詰されているものも増えてきています。



しかしこのヴィクトリアン・ヴァット・ジン、発売されてまもなく、その品質の良さ味の良さに惚れ込み当店で扱うようになり早10年以上・・・
2008年に初めて発売された、この赤ラベルのシングルカスクの入荷は数回程度です。



(神々しい!(笑)


今回は久々の入荷となります。1本限り。

アルコール度数は58.8%と高くのでぜひ、ジン・トニックなどでお飲みになってみて下さい!

ジン好きのお客さま、ぜひご賞味下さいませ( ^ω^)・・・
 



春はあけぼの

Posted by sayaca on 29 March, 2017
Category ブログ

ボンジュー、みなさま。


「春はあけぼの」というのは、春は夜明け頃が一番いい、という意味だそうですが、私的には平日の自分のオンタイムである夕暮れ時が好きです・・・
最近は日も伸びて、ちょうどいい感じです(^.^)

でもって「千葉のショットバーでは一番早くから開いているGIN-JOINTS」の認知度をもう少し広げていきたいですね。千葉で一番早い・・・というのは「きっと」ですよ(笑)

この時間帯は、たまたまお仕事がお休みだったり、一軒目のお店のオープンまでに「まだ早いからどこかで時間つぶそう」、そんなお客様が気楽に立ち寄って下さったり、みなさまに少しでもご都合よく利用して頂ければと思っています。

軽めにウイスキーの水割りやハイボール、どうせなら早く酔って帰ろうのロックやストレートだったり、居酒屋さんなら”とりビー”のところを、まずはジントニックから・・・だったり、お好きな飲み方で良いお時間を過ごしてくださいネ(*^^)



さて、千葉でももう随分と桜が満開です!





 




都内で桜の開花宣言がありましたが、千葉はちょっと遅れているようですね。
ご近所の、亥鼻城の桜祭りは例年より1週間遅く来週木曜からのようです。

今日も肌寒いですし、ぜひアルコールで温まりにいらして下さいませ(^^)/

~~~~今週の新入荷ウイスキー~~~~

どんなお酒との出会いもそれぞれ嬉しいものではありますが、
今回の2本、また一段と楽しみなそれぞれです!!

ソサエティより2銘柄・・・・



"C1.2 カミュ・イル・ド・レ・XO"

昨年初めてソサエティがボトリングしたコニャック「イル・ド・レ」の第2弾!
当店でも、普段ブランデーを飲まない方にも人気の1本でした。
テイスティングタイトルは、『眠りの源泉のように深い』
また深い詩的な表現でございます。。。

もう1本も人気の銘柄

”3.277 ボウモア1999/16年”
テイスティングタイトルは、『香水が香り、ピートが煙る、おやすみのキス』
アダルトな感じですね(^^)

モルトラバーのみなさま。
どうぞお楽しみに・・・・


 



「ミーハー」

恥ずかしながら・・・野球のルール、イマイチわかっていませんが、
WBC・・・少しは観ていました。

ジャパン、惜しかったですね・・・・(;_;)

アメリカのメージャーリーガーにブラッドピット似とオーランドブルーム似の選手がいたので個人的に楽しんでしまいましたが(^^;)
しかし、スポーツの真剣な戦いというのは何にせよ観ていて、見入ってしまいますね。
勝てば嬉しいし、負ければ悔しい。けれど、負けてしまったからこそ、次に活かせるチャンスだったり勉強になったりするもんだと思います。
ぜひ、次回は優勝を勝ち取ってくれることを期待しています(^^♪


そして先日更新しました『3月のおすすめ・カクテル』。
春間近・・・というかもう桜も開花しましたし春になったのかな?
という訳で、カクテルの簡単なご紹介をいたします(^^)/

☆フルーツのカクテル

まだまだ旬の苺をピューレ状で使用したカクテルです。
”苺のマティーニ”…タンカレーno.10と苺のシンプルなカクテル。甘さは控えめです。
”苺とウォッカのフィズ”・・・ウォッカと苺に桜の花の蜜漬けを合わせほのかな塩気にシュワっと炭酸のロング・カクテルです。
”ストロベリー・アレキサンダー”・・・ブランデー・ベースのカクテルアレキサンダーのカカオを苺に変えたデザート・カクテルです。

金柑を潰し、ボストンシェイカーでシェイクしてお作りするカクテルです。
”金柑のマティーニ×カルダモンビターズ”・・・タンカレーno.10と金柑をシェイクし、カルダモン・ビターズをアクセントに振りかけます。

どのカクテルも、おすすめですのでぜひお試しくださいませ・・・!!




 



「春は間近・・・」


週明け、お天気が残念ですが、今週もぜひ1度はGIN-JOINTSにお立ち寄りくださいませ・・・!


『今週のオススメ・ウイスキー ~アイランズ&キャンベルタウン・モルト特集~』

先週金曜から始まりました今回のオススメの詳細です。2週はスコットランドの諸島と小さな町キャンベルタウンのモルトをピックアップしてオススメしていきます。


☆タリスカー・10年
スカイ島・・・霧の島と呼ばれるこの島は、夏場でも気温が15度ほどまでしか上がらず、人口も9300人ほどで霧の立ち込める神秘的で美しい島、アイラ島に比べると人口も面積もほぼ3倍位の翼の形をした島です。
口に含むと塩気や胡椒と共に、フルティーな一面も現れ甘みも感じとられる。のちにアイラモルト程ではないにせよしっかりとしたスモーキーでスパイシーな味わいが支配していきます。男の酒。


☆レダイグ・2009・7年/シグナトリー
マル島・・・唯一の蒸留所トバモリーで造られるシングルモルトレダイグはピートを焚きつけた大麦から造られるピーテッドタイプです。
ボトラーズのシグナトリーのアンチルフィルタード・コレクション(無着色・無濾過)による少々若めの7年熟成もの、個性的なモルトをお楽しみください。


☆アラン・ザ・ボシー
アラン島・・1997年に150年以上ぶりにアラン島に設立された唯一の蒸留所で造られる。世界で12000本限定、年一回の生産です。
18世紀から19世紀にかけてスマグラー(密造者)が、人目に付きにくい渓谷の奥に築いた密造用の小屋のこと。当時、出来上がった密造ウイスキーは安全に輸送するためにカモフラージュがし易い、小さな樽に詰められていたそうです。棺桶に詰めて葬儀の列に成り済まして運んだとの逸話も残っています。

☆スキャパ 2001-2015年/G&M
オークニー諸島・・・スコットランド北方のオークニー本土で蒸留されるこのシングルモルトは日本人が好む味わいとされています。
世界的有名銘柄のスコッチウイスキー「バランタイン17年」を作るメインのモルトの一つとして重要な役割を持っています。


☆ハイランドパーク 2007-2016/G&M
オークニー諸島・・・スキャパのご近所にあるハイランドパーク蒸留所ではオークニー産のピートを使って麦芽を乾燥しているそう。フレーバーのスタイルはスキャパと対称的に“ピーティー、スモ-キー、レーズンのような重い甘さ、麦芽様"等重厚で味はドライ。古くから、北の巨人とも呼ばれています。


☆スプリングバンク・18年
キャンベルタウン・・・この小さな町では最盛期の19世紀後半当時21カ所の蒸留所が稼働していました。第一次世界大戦の頃から急速に衰退し、現在では2002年に再興されたグレンガイル(Glengyle)蒸溜所を入れて3蒸溜所のみとなり、スコットランドでのシングルモルトウイスキーのこの激しい盛衰の歴史を物語っています。

これらのオススメは当店のメニュー(在庫)の一部となっております。
その他ウイスキーはお気軽にお尋ねくださいませ。




 



本日3/20、お休みです。

Posted by sayaca on 20 March, 2017
Category ブログ



本日はお休みとさせていただきます。

どうぞよろしくお願い致しますm(__)m


 



ホイトデーウィーク!?

Posted by sayaca on 18 March, 2017
Category ブログ




今週は、バレンタインのお返しに素敵なお菓子を頂いたり、カクテルコンペのお疲れ様という事で慰労のお酒をご馳走になったり、
ミナサマのお気持ちがとてもうれしい週です(^^♪

本当にありがとうございます!


さて、明後日20日(月・祝)はお休みとなります!


今夜も昨日に引き続きのアイリッシュなおつまみをご用意しています。


そして本日緊急入荷のこちら!




”ザ・マッカラン・ダブルカスク”

シングルモルトのロールスロイスと呼ばれる、ザ・マッカランの新しいラインナップが登場です!

このダブルカスクとは、ヨーロピアンオークとアメリカンオーク、2つの材質のシェリー樽原酒100%のウイスキー。
今回新たに加わったアメリカンオークのシェリー樽が伝統的なザ・マッカランの特長である芳醇なフルーツ風味や木のスパイスに溶け合い見事な調和と
なっているそうです。

シングルモルトラバーのみなさま
ぜひともお試しくださいませ・・・(^^♪


 



おすすめメニュー更新しました!

Posted by sayaca on 17 March, 2017
Category ブログ


「セント・パトリックス・デー」

先日のブログでもお伝えいたしましたが、
今日はアイルランドの伝統行事、”セントパトリックス・デー”です(^^♪

当店ではアイルランドのお酒は本当にジェムソンとギネスしか置いていませんので、イベントにはなりませんが、
今夜は「アイリッシュ・シチュー」と「シェパーズ・パイ」というアイルランドの郷土料理を仕込んでみました。

ウイスキーともとっても合うと思いますので、どうぞお楽しみくださいませ・・・!

~今週のオススメ・ウイスキー、更新しました~




新入荷のハイランドモルト3銘柄に加えて、スコットランドの諸島を集めたアイランズ・モルトと竹鶴政孝氏もウイスキー造りを学んだ地、キャンベルタウン・モルトを特集しています。

(詳細は後日のブログで・・・(^^;)

~3月のおすすめカクテルもリニューアルしました~



息の長い苺に加えて、金柑のカクテルも加わりました。


今夜も皆様のお越しを楽しみにお待ちしております!!

 



新入荷!マイナーな3本。

Posted by sayaca on 16 March, 2017
Category ブログ



~~~今週の新入荷ウイスキー~~~
老舗ボトラーズのG&M社から「コニサーズチョイス」というシリーズがだいぶ久しぶりに入荷しました(^^♪



”ロイヤル・ブラックラ1998-2014”
シェリー樽&バーボン樽で熟成させています。
ブレンデッドウイスキー「デュワーズ」の原酒。
柑橘系で柔らかい、素敵なフローラル感!


”ダルモア2001-2015”
ホワイト&マッカイの原酒。
官能的な甘味が広がりパワフルで微かにスモーキー!


”ブレアアソール2006-2015”
シェリー樽をメインに熟成させています。
蒸留所の近くにあるブレア城は昭和天皇が皇太子時代に滞在したこともあるそうです。ドライでハイランド・モルトらしい後味。

ぜひ3銘柄お楽しみになってみて下さいネ。


コチラも久々の入荷・・・


名物?!フォレストスモーク・チーズ。

他にはないクリーミーなスモークチーズですヨ(^^♪
 





今日は一段と寒いですね!!


「セント・パトリックス・デー」をご存知ですか?

アイルランドにキリスト教を広めた聖人・聖(セント)パトリックの功績を称えて制定された日であり、聖パトリックの命日でもあります。
首都ダブリンでは、毎年『セント・パトリックス・フェスティバル(St. Patrick’s Festival)』が数日間にわたって開催されます。
アイルランドのシンボルカラーが緑ということで、世界各地でも緑色をテーマカラーに様々な行事があるそうですが、アイリッシュ・ウイスキーの”ジェムソン”は毎年このセント・パトリックス・デーを記念したデザインのボトルを発売しています。


デザイナーのスティーブ・マッカーシー氏が手掛けたこのラベルには、勇敢さの象徴である友好の握手がメインモチーフとして描かれ、当時から現代に受け継がれるダブリンのスピリットと、「JAMESON」がモットーとする「Sine Metu(シネ・メトゥ=恐れることなく、あらゆる物事に対してオープンマインドの精神)」が表現されています。

GIN-JOINTSでもこのジェムソンは毎年仕入れていますが、アイルランドと言えばもう一つの有名なお酒、”ギネスビール”に合わせて、今週末はアイリッシュ料理のおつまみも準備しています(^^)/
アイルランド風肉じゃがとも言える、ラム肉を使った「アイリッシュ・シチュー」と、美味しいマッシュポテトとミートの「シェパーズ・パイ」。

ぜひぜひ、お楽しみ下さいませ・・・(^^♪



今夜はしっかりと防寒をして来て下さいませ。。


 



ありがとうございました。

Posted by sayaca on 13 March, 2017
Category ブログ



昨日行われました、PBOバーテンダーズ・コンペティション2017の出場にあたって、
これまで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!!


私含め、スタッフそれぞれの結果が出せました。

毎年全国からPBOのメンバーが集まり、そのたびに新たな交流ができる事、大先輩から教えて頂けること、貴重な経験と思ってこれからも頑張ります(^^)/


皆様本当にありがとうございました!!


「終わった・・・!」という解放感(笑)と、新たなスタート、ということで本日も16:00~より、皆様のお越しを楽しみにお待ちしております。



 



いよいよ・・・!

Posted by sayaca on 10 March, 2017
Category ブログ

「いよいよ・・・」


明日、3・11、東日本大震災から6年を迎えますね。
こうして日々、平和に暮らせること、様々な環境に感謝をしながら、被災者の方に向けてできる事は何一つ私にはありませんが、人生、楽あれば苦あり、正にその言葉に尽きると思いながら、悔いの残らぬよう、目標への希望を忘れず努力を怠らず、日々を大事に過ごしたいと思っています・・・!

そしていよいよ・・・というのは明後日12日、PBOバーテンダーズ・コンペティション2017に参加させていただきます。

いつも応援して下さるお客様へ、少しでも恩返しできますように!


なんて、自分にプレッシャーをかけつつ、美緒さん、オカムさんと頑張ります(#^^#)

という訳でこの週末、ぜひ応援に来て下されば嬉しい限りです!!

どうぞよろしくお願い致します・・・!




今週のオススメ・ウイスキーは~ザ・スコッチ・モルト・ウウイスキー・ソサエティ~を特集しています(^^)/

新入荷のグレーン・ウイスキーからマイナーな”ダルユーイン”、”ロングモーン”、人気のアイラモルト”ボウモア”、”カリラ”、
長期熟成のレアなローランドモルト”ブラドノック25年”などがオススメです。
現在19本、過去最多在庫となりました、ソサエティのモルト、度数は高めですので飲み過ぎにはお気を付けてくださいませ・・・・(>_<)


週末のおつまみは・・・「チキンとほうれん草のポテトチーズ焼き」

本当はこういう時、『カツ』を食べたりするのかと(受験かい)思ったりしましたが(^^;)揚げ物は難しいGIN-JOINTS。

今夜はちょっとほっこりするおつまみにしました(^^♪


今夜も皆様のお越しを楽しみにお待ちしております!
 



基本の基

Posted by sayaca on 08 March, 2017
Category ブログ



「まず覚えることは・・・」

GIN-JOINTSの新人スタッフ浅野さん。
大学生で就職活動中ということもあり、勤務日数は週に2日ほどですので、まだお酒をお作りすることは出来ませんが、バースプーンやメジャーといったバーツールの基本の扱い方を勉強中です(^^♪
ビール
昨日は瓶ビールの注ぎ方を実際にやってみました。

特に「ガージェリ23」という3種類ある瓶ビールは国内で生産、瓶内熟成、無濾過、非加熱処理のため活きた酵母が入っており時間の経過とともに風味の変わっていくタイプなので注ぎ方にも注意が必要です。




ルーン文字の描かれた素敵なガージェリー専用のグラスはスタッフもお気に入り(#^^#)

ウィート、Xエール、ブラックの3タイプございます。

スタッフの浅野さんはビールは苦手なんだそうですが、
私も、ハタチまでは飲めませんでした。

なので浅野さんもその内、あの、のど越し、爽快感、苦みの虜になる日も来るかも・・・・?!なんて思っております。

ともかく、今は基本の基、という事で、早くお客様にカクテルなどのご提供ができるよう、基本を覚えてもらいたいですネ(^^♪






 






昨日とは打って変わって、今日は気持ちのいい春空ですね!!


12周年企画から早1週間・・・
今週の平日は静かな日が続きました(^^;)
今夜は金曜らしく少しはお客様が来て下さるとイイナ、と願いつつ、ただいまお店の準備中です!


さて、先週に続きまして、今週もカクテルのおすすめは変わりませんが、3/12まではカクテルコンペの出品カクテルも良かったらお飲み(ご協力)になっていって下さい・・・(^^♪


➡新入荷ウイスキーはこちら

ソサエティより
「カリブ風バナナフリッター G8.7」

このGというのはグレーン・ウイスキーの事です。
グレーンウイスキーと言えば、一昨年発売されたサントリーさんの知多が一時期流行りましたが、そもそもブレンデッドウイスキー用の原酒なので、風味はモルトと比べると弱く個性も薄いのですが、
このグレーンウイスキーが長期熟成されると変身するのです。

今回のソサエティの「G8.7]は1989年蒸留の27年もの!

ともすればバーボンウイスキーのような香りや甘味もあり、スコッチは苦手、という方にもオススメしたい1本です。


➡~今週のオススメ・ウイスキー~のご紹介です




本日リニューアルの今週のオススメ・ウイスキー・メニューですが、ソサエティからの新入荷が続きましたので、思い切って特集にしました(^^♪

お手頃なショット価格から、貴重な銘柄、人気の銘柄、長期熟成ものまでそろえてみました。

ソサエティのモルトは全てカスクストレングス(加水せず樽から出したままの高いアルコール度数)ですので、ぜひ加水やロック、トワイスアップなど、飲みイイ度数でお楽しみ頂ければと思います。


キツイお酒を無理にストレートで飲むのも無粋ですしね(^^;)
あ、お強い方はそのままでも勿論結構でございます!


週末のおつまみは・・・「豚肉のギネス煮込み」

アイルランドのギネスビールでじっくり煮込んだ豚肉、これはなんのお酒とも合いますよ!!


今夜もミナサマのご来店を心よりお待ちしております★
 



プレミアムモルツ・香るエール

Posted by sayaca on 01 March, 2017
Category ブログ


「グラス・リニューアル」



3月です。
人間だけでなく色々と出会いと別れの季節ですね・・・

という訳で、当店の生ビールと言えば、「プレミアムモルツ・香るエール」なのですが、そのりにゅーあるに先がけまして、ビア・タンブラーを新調しました(^^♪

皆様に、より美味しい生ビールをご提供すべく、これからも毎日の洗浄とメンテナンスを欠かさずに・・・・・
なんて。

BARなので、「とりあえずビール」よりは「とりあえずジン・トニック」とか、「モルトのソーダ割り」とかの方が本音は嬉しいです(^^;)

とはいえ、この香るエールは従来のラガータイプのプレミアムモルツと異なるエールタイプのビール。より爽やかで、フルーティな深い味わいとなっております。
これからの季節にはイイかも知れませんネ。



美味しそう?!



そして、再来週のカクテルコンペティションまであと2週間を切りました。

今日はこんな感じで練習をしていました。



当日は恥ずかしくないように・・・失敗しないように・・・(笑)

頑張ります!!