ブレンデッド・モルト、紳士と猿。

Posted by sayaca on 02 February, 2017
Category WHISKY





”ジョニー・ウォーカー・グリーン・15年”

タリスカー他、4銘柄のモルト原酒をキーモルトに15年以上熟成させた原酒をブレンドして造られた、グリーンラベルのジョニー・ウォーカー。
世界NO,1と言われるブレンデッド・スコッチ・ウイスキーのこのウイスキーのラベルには、ブランドアイコンの先駆けとなる闊歩する紳士「ストライディングマン」が描かれています。



”モンキーショルダー”

2005年にスコットランドで発売され、当時は世界初のトリプルモルト・ウイスキーと言う事で、とても珍しかったのです。

トリプルモルトというのは、3つの(銘柄の)シングルモルトをブレンドして造られるという意味で、現在では、異なる銘柄のモルト同市をブレンドして造られるウイスキー=ブレンデッド・モルト・ウイスキー(この呼び方もここ数年ですが)というはのそう珍しくはないのですが、このモンキーショルダーのデザインも手伝って、近年また注目を浴びているそうです。

ちなみにモンキーショルダーとは、ウィスキー職人たちの職業病から。大量のモルトを手作業で混ぜ合わせていた時代に多くの職人が肩を痛め、その職業病を「モンキーショルダー」と呼んでいたそうなんです。(へ~~)


ジョニー・ウォーカー・グリーンも、モンキーショルダーもブレンデッド・モルトと言う事で、
そのままお飲みになるもよしですが、ハイボール、水割りなどでもオススメです。ぜひお試しくださいませ!

 

 

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

この記事へのコメント

まだコメントはありません

この記事にコメントする

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。